ロングドレスはシルエットと裾の長さで選ぶ

王道カラーのドレス

赤いドレスの人

自分の魅力を引き出してキャバドレスを着こなすには、それぞれのカラーがもつ特徴を理解する必要があります。キャバドレスの中で王道と呼ばれているカラーは、ずばりホワイトになります。これはウェディングドレスでも言えることですが、主役をあらわしているカラーになりますし、清純、純真など男性にウケが良い意味合いを含んでいます。また、ホワイトはどのような方が着用しても着こなせる、万能カラーとも言えます。暗い室内でも照明に照らされると明るい印象になりますし、表情もいききと見せてくれるので常に人気のカラーです。キャバクラではこのカラーを、イベントや誕生日で着るように指導していることが多く、日常的に着こなすにはトップクラスのキャストにだけ許されている特別なドレスになっています。

入店したての新人であれば、ふんわりと明るいパステルカラーのキャバドレスが好印象となります。甘い雰囲気のキャバドレスも、配色パターンを工夫するだけで引き締めることもできますし、表情も豊かに見せてくれます。ピンクやブルーのコンビネーションなら、どんな方でも似合いますし、ブラックとセパレートになっているキャバドレスなら、スタイルアップ効果も期待できるはずです。セクシーさを演出したい場合は、原色のドレスを選んでみるのも良いでしょう。その際は、上品さをキープするためにメイクや髪型のバランスも考えて、着用することが大事です。ドレスの迫力に負けないように、ポイントメイクはしっかりとする方がオススメです。

Copyright © 2016 ロングドレスはシルエットと裾の長さで選ぶ All Rights Reserved.